ケンフィーのレビューノート

映画やドラマ、書籍などのレビューを掲載中

今後の人生を見据えた、後悔しない20代の過ごし方|本田 健 著「20代にしておきたい17のこと」




本田 健 著「20代にしておきたい17のこと」

出版:2010年4月9日

 4.8

要約・所感

20代は感度が鋭く、すぐに受け入れられないため、人生の中で一番不安を抱えやすい時期です。そんな不安な20代をムダにしないための3つの過ごし方を、本書の中よりピックアップしてご紹介します。

20代をムダにしない過ごし方

1:何事も100%で取り組む
20代はエネルギーが最も高い時期ですが、モチベーションの波が激しい時期でもあり、常に100%で取り組むことが難しい時期です。 少しでも嫌なことがあれば、モチベーションが下がって80%でしか取り組めなくなりますが、 褒められてモチベーションが上がれば120%で取り組むことができます。しかし、チャンスをつかんで成功している人は、 モチベーションの波に関わらず、感情をコントロールして準備(=努力)をし続けた人ですので、 感情に振り回されている場合ではありません。たとえモチベーションが低いときであっても100%で取り組むことが必要です。

2:本をたくさん読む
20代は今後の人生において自分のためにお金や時間を使える時期でもあるため、この時期に本をたくさん読むということは 今後の人生にとっても大切です。特に、本は客観的な知見を手に入れられるものでもあります。10代までは、 自分の主観は家庭環境や周りの環境に支配されていましたが、本を読むことで、いろんな知見を手に入れることができ、 いろんな考えを理解できるようになり、多角的な視点で物事を見ることができるようになります。 また、今成功している人で本を読まない人はいないので、20代のうちに本を読む習慣をつけておくだけでも、 これからの人生で活きてくるはずです。

3:人生のコンパスを見つける
人生の目的は「何よりも楽しむこと」なので、20代のうちに、自分が楽しいと思うものや自分が面白いと思うもの、 自分が没頭できるものを見つけておくことは大切です。30代以降になると、家族や会社、社会など自分だけに時間を割けなくなってくるので、 自分の内面と対話して人生のコンパスを見つけられるのは20代がラストチャンスでしょう。人生のコンパスを見つけておくと、 人生の優先順位を決めることができ、自分らしく活きられるようになるはずです。
 

20代でやってはいけないこと

一方で、不安な20代でやってはいけないことは「不安だからと言って周りに合わせてしまうこと」です。 社会に出て右も左も分からないからこそ、周りの顔色を伺って行動してしまいがちですが、周りに合わせてしまうことで、 チャンスを得るための準備や人生のコンパスを見つける時間が確保できなくなり、結果的に20代を後悔することに繋がります。

たとえ不安になって周りの顔色が気になったとしても、自分の頭で考えて100%で前に進んでいくことが、20代を後悔しない秘訣です。


対人関係を考える上で欠かせない20代の特徴

本書によると、20代で見つけておくものは「恋人(パートナー)」「親友」「ライバル」だといいます。
また、20代の対人関係を考えるうえで欠かせない20代ならではの特徴があり、ここでは3つ紹介します。

1:経験が少ない
経験が少ないということは言い換えると、新しいことを経験したり、新しい出逢いにワクワクできるということです。 年を重ねるとワクワクできなくなり、20代に死ぬほど恋をしておけばよかったと後悔する人は多いそう。 なので、新しい出逢いや新しい経験にワクワクするという感覚を大切したいですね。

2:自分のことすらわからない
自分のことすら分からないからこそ、相手とのコミュニケーションの中で、試行錯誤しながら、 相手と良い関係を作っていける可能性があります。また、嫌われないか、傷つかないかを懸念する心理的な境界線を越えた友人、 すなわち親友を見つけておくことも20代にしておいた方がいいといいます。さらに、同じ又は似た目標に向かっている人と出逢って、 お互いに励ましていける存在、すなわちライバルも見つけておいた方がいいとも提言されています。

そして相手とのコミュニケーションを通じて関係を深めていくためには、自分の心をオープンにしていく必要があり、 20代は「自分」というものを探しながら、必死に自己表現をして、親友やライバルを見つけていく期間なのかもしれませんね。

3:本質的なことを考える機会がある
ほとんどの人は幼少期から10代にかけて誤解したまま引きずっている過去があると言われています。 家庭環境、親との関係、友人関係、教師との関係など。20代は自分のために時間を使える時間が多い時期でもあるので、 この時期に、幼少期~10代のうちに誤解したまま引きずっていることを客観的に見直して、紐解いてあげることで、 30代以降に活力に変わるといいます。すなわち自分のルーツ(本質的性質)を見つめ直すことで、それが軸になるというわけです。

書籍紹介

20代にしておきたい17のこと


あなたの幸せを決められるのは、あなただけです!目を覆いたくなるような、人生最大の失敗を恐れない。「キャンセル待ち」をしてでも、死ぬほどの恋をする。すべてを投げ出してもイイと思えるほどの親友を持つ。「好き」「嫌い」の感情を研ぎ澄まし、才能のかたちを知る。人生をよりよい方向へ導いてくれる、メンターを捜す。ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』の著者・書き下ろし!


Amazonで購入する